矯正歯科

2008.01.01

矯正治療を一般歯科併設の歯科医院でやるメリットはかなりたくさんあります。
抜歯が必要になった時は他院まで行かなくても、一緒に処置が出来ますし、クリーニングも行なえます。
また、虫歯のチェックと治療も他院に行くことなく行なうことが出来ます。
歯並びが悪いと、歯みがきがしにくくてむし歯になりやすくなったり、歯並びの悪さがコンプレックスになって、本来の明るい笑顔が見られなくなってしまったりすることもあります。
子どものうちに矯正を行なえば期間が短くすみ、肉体的、精神的、経済的な負担が少なくて済むことがあります。大人になってからでも、矯正治療をすることができます。

下のような歯並びが気になるようでしたら、一度ご相談にいらしてください。

 

上顎前突(じょうがくぜんとつ)
一般的に出っ歯などと呼ばれてます。上の前歯や上あごの骨が前に出ている状態や、(上あごが出ているのではなく)下あごが後ろに入ってしまっている状態、あるいはその両方が同時に起きている状態を、上顎前突(じょうがくぜんとつ)といいます。笑うと前歯の歯ぐきが出てしまうガミースマイルになる場合もあります。
反対咬合(はんたいこうごう)
下顎前突と呼ばれることもありますが、一般に受け口とも呼ばれています。下の前歯が上の前歯より前にある状態です。外側からは、下の唇が出ているように見えたり、下唇が厚く見えたりします。また、下の前歯や唇を無理に唇内に閉じ込めようとして、頬が緊張しているように見える場合もあります。
反対咬合は早期の治療が大変重要です。
当院では、ムーシールドという筋機能の矯正装置による、3歳児からの早期治療をおすすめしています。
開咬(かいこう)
奥歯をかんだ時に前歯がかみ合わず、開いている状態を開咬と言います。指しゃぶりや舌を出すクセがあったり、遺伝などが原因でなることがあります。前歯で食べ物をかみ切れなかったり、話すときに正しい発音ができない場合もあります。
舌の癖が関係していることも多いため、その時には筋機能療法も併用されます。
 

ご相談は無料になりますので、お気軽にお問い合わせください。